2019-04-07
カテゴリトップ > DAWエフェクトプラグイン > メーカー一覧 > S - Z > Waves
DiGiGrid/DGS

【製品概要】

SoundGrid DSP Server

DiGiGrid DGSサーバーは、リアルタイムのDSPプロセッシング能力を、ライブサウンド・コンソールやスタジオで使われているSoundGridネットワークに追加します。100種類以上のWavesとサードパーティーのSoundGridプラグインを、たった0.8msのレイテンシーで動作させることが可能です。

音楽制作やポスト・プロダクションでは、他のDiGiGridオーディオ・インターフェイスとネットワーク接続し、複数のオーディオ・ワークステーションのクライアントにDSPプラグインのプロセシング・パワーを提供します*。例えば、DiGIGirid Mでボーカルを録音しながら、すべてのバッキング・トラックのプラグイン・エフェクトをDGSで動作させ、リアルタイムでエフェクト処理したサウンドをボーカリストのモニターに返すことも可能です。

*2017年9月時点で、複数のクライアントDAWからDGSのプラグイン・サーバーに同時接続することはできません。DGSのプラグイン・サーバー機能を利用できるのはいずれか1クライアントとなります。

DiGiGrid DGSは、リアルタイムのプロセシングを必要とするあらゆる環境で、費用対効果に優れたDSPパワー、高音質、類いまれなシステムのフレキシビリティーを提供します。

【主な特徴】

■Intel i5 SoundGridサーバーを内蔵、何百ものプラグインがリアルタイムで動作
■フロントパネルの電源スイッチとネットワークLEDインジケーター
■リアパネルの電源コネクターと1つのSoundGridネットワーク・ポート
■2UラックマウントDiGiGridシャーシ
■* DiGiGrid DLSまたはWaves Server Oneのパワーに相当

【ハードウェア】

■仕様
・SoundGrid DSPサーバーを内蔵(SoundGrid Server Oneに相当するパワー)
・SoundGridポート(RJ45) x 1
・AC電源入力
・2Uラックマウント・サイズ
・44.1、48、88.2、96、176.4*、192*kHzのサンプルレートに対応(176.4と192 kHzには、アップデートで対応予定
・SoundGrid(SoE)によるクロック同期

■ベンチマーク
DiGiGrid DGSは、コンピューター本体のCPU負荷を軽減する、SoundGrid DSPサーバーを内蔵しています。下のベンチマークは、Avid HDXと比較したDLSの内蔵SoundGrid DSPサーバーのプロセシング・パワーを示しています。

・プラグイン:Waves SSL G-Channel mono 同時使用数 @48 kHz → DiGiGrid DGS:430以上/Avid HDX:160以下
・プラグイン:Waves SSL G-Channel mono 同時使用数 @96 kHz → DiGiGrid DGS:230以上/Avid HDX:70以下

【ソフトウェア】

DGSのインストーラーには、SoundGrid ASIO/CoreAudioドライバー、SoundGrid Studioアプリケーション、eMotion STミキサー、StudioRackとDLSのコントロール・パネルが含まれています。

■DiGiGrid DGSには、Wavesが提供するSoundGrid Studio Systemソフトウェアが付属しています。
SoundGrid Studio Systemは、ネットワークを応用した次世代のオーディオ技術であり、スタジオに新たな可能性を提供する、リアルタイムのプロセシングとネットワーキングのプラットフォームです。DAWのプラグイン処理をSoundGrid DSPサーバーに任せられるようになり、接続されたDAW同士のコミュニケーションも可能にします。SoundGrid Studio Systemは、すべてのDAWとDiGiGrid I/O(またはその他のSoundGrid対応機器)を、シームレスに統合し、シンプルにDAWにDiGiGrid I/Oを1台接続することから、ホスト・コンピューター、I/O、SoundGrid DSPサーバーを組み合わせた大規模なネットワークまで、あらゆる規模で無限の可能性を提供します。

■SoundGrid Studio Systemがもたらすパワー
・リアルタイム・プロセシング - 数百個のプラグインをリアルタイムで処理。
・低レイテンシー・モニタリング - ゼロに近いレイテンシーで、プラグインを使ったトラッキングとリハーサルが可能。
・ネットワーキング - ネットワーク・ハブを中心として、すべてのI/OとDAWを接続。
・シームレスな統合環境 - SoundGrid ASIO/Core Audioドライバーを使って、複数のDAWを接続。
・オープンな設計 - SoundGrid対応のWavesとサードパーティーのプラグインが動作。

■SoundGrid Studio Systemに含まれるソフトウェア
・SoundGrid Studioアプリケーション - ホスト・コンピューターでSoundGridネットワークを管理。
・eMotion ST Mixer - トラッキング、リハーサル時のレコーディング、ミキシング、低レイテンシー・モニタリングに、プラグインをリアルタイムで動作。
・StudioRack - プラグインのチェインをプリセットとともに保存、ロードするプラグイン。SoundGrid DSPサーバーで、DAWのプラグインを処理。
・SoundGrid ASIO/Core Audio - あらゆるDAWをSoundGridネットワークに接続するソフトウェアI/O。

■SoundGrid Studioアプリケーション
SoundGrid Studioアプリケーションは、SoudGridネットワークに接続されたすべてのソフトウェアとハードウェアを管理するツールです。このSoundGrid Sudioアプリケーションで、SoundGridネットワークに接続された、様々なDAWがインストールされたコンピューターやSoundGrid対応デバイスなどのコンポーネントを管理、複数のコンピューターでI/Oをシェアするなど、自由自在にI/Oをマッピング可能な、ネットワーク内のすべてのリソースを管理するツールです。

■SoundGrid Studioアプリケーションでできること
・Sound Grid ASIO/Core AudioドライバーとDiGiGrid I/Oの設定(自動設定ウィザード付き)
・リアルタイムのプロセス、ミックス、モニター機能(StudioRackとeMotion ST mixerを使用)
・複数のデバイスとソフトウェア(ドライバー)の入出力を接続して相互にパッチ
・様々な種類のDAWを複数のホストコンピューターで走らせ、オーディオを相互にストリーム
・設定のテンプレートを作成して保存可能
・DiGiGrid I/Oのパラメーター(入力ゲイン、ファンタム電源など)をリモート・コントロール

■eMotion ST Mixer
eMotion STはSoundGrid Studioの中でミキサーにあたる部分です。StudioRackとも連携し、SoundGridプラグインを低レイテンシーのモニタリングで使用、DAWでレコーディングするときに、複雑なモニター用のミックスも可能にします。

eMotion STは8の多機能入力、64のStudioRack入力チャンネル、2つのFXバス、6つのミックスバスとメインのステレオミックスを備えた高品位なミキサー・ソフトウェアです。ミキサーはSoundGridネットワークの中で動作しているので、ハードウェアのI/Oも、ドライバー・ソフトウェアのI/Oも、あらゆるDiGiGrid製のI/OやSoundGrid互換のI/Oの入出力を選択可能です。

eMotion STミキサーは100種類以上のWavesとサードパーティー製のSoundGrid対応プラグインを、低レイテンシーで使うことができるので、従来ヘッドフォンのモニターミックスを作るために使っていた外部のミキサーの代わりに使うこともできます。

・多機能モノ/ステレオ入力チャンネル x8
・ステレオFX auxバス/リターン x 2とステレオauxバス/リターン x 6
・StudioRackプラグインから64モノ・チャンネルを受信
・各チャンネルに8つのSoundGridプラグインのインサート・スロット
・複数のDiGiGrid I/OとSoundGrid互換のデバイスとホストを接続可能
・SoundGrid互換のWavesとサードパーティー製プラグインに対応
・StudioRackプラグインと連動
・SoundGridプラグインをスタンドアローンでも使用可能
・少なくとも1台のDiGiGrid I/OとSoundGrid DSPサーバーが必要

■StudioRack
StudioRackはプラグインをチェインして走らせることができるソフトウェアの「ラック」です。各チェインを処理するCPUは、コンピューターのCPUとSoundGrid DSPサーバー間で任意に切り替えることが可能です。SoundGridサーバーでプラグインが動いている場合、eMotion STミキサーを通して、超低レイテンシーでトラックをモニターすることが可能です。

・ほとんどすべてのDAWに対応
・コンピューターのCPUとSoundGrid DSPサーバー間でプロセスを切替え可能
・Pro Tools HD/HDXとHD Nativeに対応
・Wavesとサードパーティー製のプラグインが対応
・超低レイテンシーでモニタリングが可能
・各ラックに8つまでのプラグインをロード可能
・フル・オートメーションに対応
・保存したプラグインのチェインは、すべてのDAW、MultiRack、eMotion STでロード可能
・チェインから即座にプラグインのパラメーターを操作可能
・すべてのプラグインがMIDIコントロールに対応
・Avid社製コントロール・サーフェスに対応

【動作環境(SoundGridStudio)】

■Mac OS
・Model/CPU:Mac Pro 4,1以降 / MacBook Pro / iMac / Mac Mini(各Core i5以上のCPU)
・メモリ:6 GB以上
・OS:10.9.5 - 10.11または10.8.5 (Pro Tools 10 TDM)
・画像解像度:1024x768 32-bit以上1280x1024 / 1600x1024を推奨。USB接続のディスプレイは非サポート。
・Apple Thunderbolt - ギガビットEthernetアダプタ対応

■Windows
・CPU:Intel Core i5以上のCPU
・メモリ:8 GB以上
・OS:Windows 7 SP1 / Windows 8.1 / Windows 10 各64bit
・画像解像度:1024x768 32-bit以上1280x1024 / 1600x1024を推奨
・次のLANコントローラデバイスは非対応です:Intel(R) 82579V Gigabit Network Connection

■(StudioRack Pro Tools対応)
・Pro Tools 12.5 (HD NativeおよびHDX 64-bit)
・Pro Tools 11.1.2 (HD NativeおよびHDX 64-bit)
・Pro Tools 10.3.10 (TDM, RTAS)


 

強力なプラグインDSPを内蔵した、サーバーオンリーモデル

価格
214,800円 (税込) 送料別
お取り寄せ商品/お問合わせ下さい
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法