2019-05-09
カテゴリトップ > アイテムを選ぶ > 置物・小石・丸玉など (パワーストーン 天然石)
《証明書付き》トリケラトプス 角の化石
恐竜 化石 Triceratops


商品紹介 トリケラトプスの角の化石となります。
このように部位がハッキリと判る箇所は通常は頭部全体の復元パーツとして活用される事が多く、こういった単独パーツで入手できることは極めて稀です。
トリケラトプスはとても人気の高い恐竜ですが、発掘数が少なく入手困難な恐竜の一つとなります。探しても簡単に出て来る品ではございません、貴重な逸品を是非ともお手元のコレクションに加えてみては如何でしょうか。
こちらには本物であることの証明書が付いております。
■トリケラトプス(Triceratops)
生息年代:中生代白亜紀後期(約7,900万〜6,500万年前)
分類:角竜類ケラトプス科
体長:約8〜9m
体重:約6〜9トン
生息地域:北アメリカ
トリケラトプスとは「tri(3)+cerat(角)+opus(顔)」から「3本の角を持つ顔」を意味しています。また後頭部から首の上にまで伸びたフリルも特徴のひとつ。口先は鳥のくちばしのように尖っており、草や木の葉を掴み取って食べていたと考えられる大型の草食恐竜で、教科書にも映画ジュラシックパークにも登場するため馴染み深く高い知名度と人気を持っています。
トリケラトプス頭部(眼の部分)の化石はコチラ
トリケラトプス肋骨(あばら骨)の化石はコチラ
トリケラトプス尻尾(テール)の化石はコチラ
サイズ 大きさ:約109mm×104mm×81mm
重さ:約1337g
産地:アメリカ合衆国サウスダコタ州、ヘルクリーク累層
ご注意 意味や効果には諸説がありその内容を保障するものではございません。パソコン、モニターの環境によって若干色合いなどが変わることがございます。商品は天然ゆえ、わずかな凹みや歪み、内包物が入る物もございます。多少のイメージの違いに関しての返品は受付が出来かねますのでご了承ください。
その他
恐竜の化石はコチラ
アンモナイトの化石はコチラ
三葉虫の化石はコチラ
化石全般はコチラ



商品紹介文
  トリケラトプスの角の化石となります。
このように部位がハッキリと判る箇所は通常は頭部全体の復元パーツとして活用される事が多く、こういった単独パーツで入手できることは極めて稀です。
トリケラトプスはとても人気の高い恐竜ですが、発掘数が少なく入手困難な恐竜の一つとなります。探しても簡単に出て来る品ではございません、貴重な逸品を是非ともお手元のコレクションに加えてみては如何でしょうか。
こちらには本物であることの証明書が付いております。

■トリケラトプス(Triceratops)
生息年代:中生代白亜紀後期(約7,900万〜6,500万年前)
分類:角竜類ケラトプス科
体長:約8〜9m
体重:約6〜9トン
生息地域:北アメリカ
トリケラトプスとは「tri(3)+cerat(角)+opus(顔)」から「3本の角を持つ顔」を意味しており、これは1本の鼻角と目の上にある2本の上眼窩角に由来する。また、頭骨の半分を占める後頭部から首の上にまで伸びたフリルも特徴のひとつ。口先は鳥のくちばしのように尖っており、草や木の葉を掴み取って食べていたと考えられる大型の草食恐竜である。
教科書にも映画ジュラシックパークにも登場するため馴染み深く、ステゴサウルス・ティラノサウルス・スピノサウルス同様に高い知名度と人気を持っている。


恐竜の化石はコチラ
アンモナイトの化石はコチラ
三葉虫の化石はコチラ
化石全般はコチラ
トリケラトプス頭部(眼の部分)の化石はコチラ
トリケラトプス肋骨(あばら骨)の化石はコチラ
トリケラトプス尻尾(テール)の化石はコチラ
 



入手困難なトリケラトプスの貴重な部位の化石です
当店通常価格200,000円 (税込 216,000 円)
価格
200,000円 (税込 216,000 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
ポスト投函便(保証無し)発送不可   
1〜2日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く