2019-05-13
カテゴリトップ > MASTAZオーディオプロジェクト > アナログプレーヤー関連 > トーンアーム
0 SideForce ゼロ・サイドフォース アーム フィデリックス
パルテノンベースはFR用の三角天板をお選び下さい。

このアームは1点支持の構造のため取扱にはご注意下さい。
アーム中心部に上部から強い力が加わると感度が低下する
恐れがあります。



 トーンアームを開発販売したい気持ちはあるのです。しかしながら、す でに先輩方がやられています。まず、今あるアームを勉強、研究することから始めましょう。私のこだわる所は以下です。

・シェル交換式
・安価(まあ30万以内としましょうか)
・音が良い

 その中で、グランツMH-9B/10Bは私のお気に入りのアームになりました。価格をおさえながら音に大事なところには手を抜かず、使いやすくバランス の良いアームだと思います。

 そして、もうひとつの気になるアームがフィデリックスの0 SideForceです。アナログ全盛時代、トラッキングエラーをなくす(音溝に対してまっすぐに針先が位置する)ことはとても大事なこととされておりま した。平行移動するリニアトラッキング方式アームも、ここにこだわって生まれたんでしょう。また今でも、海外製品でレコードの外周から内周に動く動きに合 わせてオフセット角をコントロールしてこれを実現しようとするアームも存在します。ところが。。。0 SideForceは!
今になって!?トラッキングエラーを気にするより完全なストレートアームのほうが音が良いと主張しています。これは、どうやら、アナログ全盛時代からの終 盤に評論家の江川三郎さんも主張されていたようです。本当なのか。。。確かめずにはいられません。そこで中川社長にお会いしに行って来ました。中川社長 は、ソニーやスタックスで活躍された方で、非常に大胆な発想ができる、しかし生粋の技術屋さんとお見受けしました。ストレートアームと従来のJ型アームを 比較試聴させていただきましたが、確かにストレートアームが音が良いと感じます。取り急ぎ弊社での取扱も前提に1本購入致しました。自宅でじっくり試聴す るためです。



 
 そして自宅でじっくり試聴しました。シンバルなどのリズム系が音が立ってくるのが最初の印象です。良く聞くと、解像度があがっているのですが、音がうる さくなるとかいうことはなく、
逆に静かになって、ボーカルの実在感もアップした感じです。不要な共振がないのでしょうか。
また、定位が良いのか音場感、広がりも出ている気がします。
基本ワンポイント支持で、横の接点とでカタカタするとのことですが、説明通りレコード盤に針が乗りますと、ピタッと安定するのも好印象です。
シェルの指かけの位置も別段使い勝手が悪いと言うことはありません。
サスパも使えますね。

我が家のメインアームとなりそうです。

ただ、マイナス面としては、

・工作精度は良くない
ステンレスのパイプ微少キズ、本体やアームベースの板のヘアライン仕上げの精度不足
などがある

・針圧の目盛りに数字がないため針圧調整は針圧計が必須

・最外周をトレースしているときは、オフセットがないので、レコード溝との角度ズレが目立ち
本当にこれで良いのかと不安になる

現行のアームとして安価なのは事実ですが、税込20万弱の買い物でありますので、理解されたうえでの購入をお勧めします。
しかし、音は確かに良いです。

私は、グランツMH-9Bの入手後に一生モンと思っていたSME-3010Rとさよならしました。今回0 SideForceと出会い、オーディオクラフトAC3000MCとさよならします。













FIDELIX
メーカー希望小売価格 オープン価格
価格
178,000円 (税込 192,240 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
翌々営業日に出荷致します。(土日祝日休み)
残りあと2個です
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く