2019-07-08
カテゴリトップ > PA > ミキシングコンソール > アナログ・ミキサー
Radial
オート・スイッチャー SW8 MK2
【国内正規品】

MK2に進化

U2、Lady Gaga、The Eagles、Radiohead、Cirque Du Soleilを始め、世界中のプロのステージを支えているオートスイッチャー、SW8がMK2にモデルチェンジしました。

SW8 MK2は、主としてバッキング・トラックを使用したステージングを行うために使用する、ライブ・コンサート用の8チャンネル・スイッチャーです。メインのプレイバック・マシンにトラブルが起きた場合、本機は、バックアップマシンへ自動的に、または手動で、あるいはリモート・コントロールで切り替えます。

接続
本機は、2グループの8系統オーディオ入力の内、いずれかのグループを8系統出力にルーティングできます。入力は、標準的な8チャンネル25ピンD-Sub端子または、1/4"TRS端子で行います。出力は、8チャンネル25ピンD-Sub(バランス、ラインレベル)、またはトランス出力マイクレベルのXLR出力で行います。多くの技術者は、D-Sub出力をモニタリングのためのプレイバック・システムへと送り、フトロント・パネルのXLR出力をマイクスプリッターや、PA用のスネークシステムの接続に使用します。

3モード(手動・リモート・自動)
本機には、手動、リモート、自動切り替えの3つのモードがあります。好みや経験によって、モードを選択します。エンジニアによっては、2台のコンピュータを別々に動作させ、1台に問題が起きても、もう1台でカバーできるような方法を好む人もいるでしょう。彼らは、両方のラップトップを同時にスタートさせ、問題が起こった場合、手動で切り替えを行います。また別の人はタイムコードで両デバイスを同期させ、自動化することを好みます。マスターのプレイバック・システムに問題が起きた場合、本機は自動的にバックアップ・システムに切り替わります。

手動:手動での切り替えは、フロント・パネルABセレクトスイッチを使用して行います。
リモート:本機をリモートで操作する場合、リモートスイッチを使います。これはギターアンプのチャンネル変更や、リバーブをオンにする時に使用するシンプルなフットスイッチです。Radial 製のJR2リモート(別売)も使用できます。 この2つの機能を持ったフットスイッチはABのセレクトと、LEDステータス・インジケータと一緒にスタンバイ機能をコントロールできます。
自動:オートスイッチ・モードに設定した場合、本機はマシンの不調を検知すると、自動的にバックアップ・システムに切り替え、継ぎ目のないパフォーマンスを確保します。メインレコーダーに1kHzトーンを録音し(ドローントラック)、それを本機リア・パネルのオートスイッチ・ゲート入力へ送ります。ドローントラックのトーンが無くなると、本機はインプットをバックアップ・システムへと転換します。

リンクして拡張可能
16/24/32トラックのようなより大きなシステムを作るためには、数台のSW8をリンクする必要があります。最初のSW8をマスターとして選定し、その他のスレーブ機にJR2リンク端子でリンクします。

前機種からの変更点
<新機能>
MUTE:バランスXLR出力を停止
ALT 1 or 8:オート切替え用のドローントラックをチャンネル1 or 8、どちらで受信するか選択
STANDBY:自動切り替えを入力Aに保持し、本機はドローン信号を待つ間、入力Bには切り替えを行いません
ラジアル製JR2 FOOTSWITCHをリモート用に使用可能

<位置変更>
GLOBAL PAD、AUTO ON、THRESHOLDがリアからフロントに
FILTERスイッチが内部からリアに


▲クリックで大きな画像を別ウィンドウで開きます。

1. GLOBAL PAD:トランスのサチュレーションを防ぐために、XLR DIボックス出力へ送る信号を-20dB減衰します。
2. AUTO ON:オートスイッチ・モードを有効化します。有効の場合、ドローン信号をゲート入力(またはチャンネル1か8)で監視し、信号が無くなると入力Aから入力Bへと切り替えます。
3. THRESHOLD:ゲート入力の感度を設定します。ドローン信号がスレッショルドを下回ると、本機は入力Aから入力Bに切り替えます。信号を検知すると、LEDが点灯します。
4. MUTE:バランスXLR出力を停止します。バランスD-Sub出力はローカル・モニタリング用に残します。
5. STANDBY:自動切り替えを入力Aに保持し、本機はドローン信号を待つ間、入力Bには切り替えを行いません。
6. A-B SELECT:手動で入力AとBを切り替えます。
7. ALARM LED:ドローン信号が設定したスレッショルド・レベルを下回ると点灯します。
8. XLR OUT:PAシステムに接続するためのバランス、low-ZマイクレベルDIボックス出力。トランスでアイソレートされ、グランド・ループによるハムノイズを除去します。
9. LIFT:グランド・ループによるノイズを防ぐ為、XLR出力のピン1を切断します。 10. LABEL STRIP:チャンネルの識別と割り当てをメモするための鉛筆用ラベル。
11. TRS 1/4" INPUTS-A & B:メインとバックアップマルチトラック・システム、2セット分の8チャンネル平衡、または不平衡ラインレベル入力。
12. D-Sub OUTPUT:有効な入力セット(AまたはB)のPAまたはローカルモニターシステムへ送るための平衡ライン出力。
13. D-Sub INPUTS:2つのマルチトラックプレイバック・システムをSW8に接続するための平衡ラインAとBの入力。
14. ALT 1/8:オート切替え用のドローントラックをチャンネル1または8どちらで受信するか選択します。
15. FILTER:より良い検知のためにSMPTEタイムコード等をドローントラックとして使用する時にフィルターを掛けられます。
16. AUTO-SWITCH GATE INPUT and MONITOR OUTPUT: 1/4" TRS入力から自動切替ゲートへ直接ドローントラックを入力することができます。チャンネル1または8の代わりとして使用でき、これにより全8チャンネルをプレイバックトラック用に利用することができます。1/4" モニター出力は、ドローントラックを聞くことができ、受信できているかを確認できます。
17. ON A/B(JR2 FOOTSWITCH): ON時にはJR2フットスイッチ(別売)を使用して、A/B切替をリモートで行います。この場合、フロント・パネルのA/Bセレクトスイッチは無効となります。
18. JR2 FOOTSWITCH XLR: A/B入力をリモートで切り替えるためのJR2フットスイッチ(別売)を接続します。スタンバイモードの切り替えもできます。
19. JR2-IN and LINK-OUT:1/4" TRS入力は、XLRの代わりとしてJR2を接続できます。また16または24チャンネルのプレイバック・システム用として複数のSW8をリンクする場合にも使用します。
20. CONTACT ALARM:ドローン信号が設定したスレッショルドを下回った場合、サイレンまたはランプで知らせるためのリレー接点TS 1/4" 端子。
21. CONTACT INPUT:TS 1/4" 端子は、本機をリモート・フットスイッチまたは、コンタクトによる切替で使用できます。
22. 15 VDC SUPPLY:本機に電源を供給します。便利なケーブルロックは、供給が不意に切断される事故から守ります。
23. REMOTE LINK OUTPUT MODE:SW8mk2を1/4" リンクアウト端子を通じて旧型SW8(mk1)とリンクする場合に使用されます。
24. STANDBY SWITCH CONTROL MODE:フロント・パネルスイッチまたはJR2(別売)上のミュート・フットスイッチいずれかに、スタンバイ機能を割り当てます。

接続例

下記の3セットアップは実際にツアーで使用された接続例の一部です。

例1



最もシンプルな設定です。全てをステレオミックスもしくはモノで出力します。

例2


16CHのバッキング・トラックをステレオ・サブグループにミックスします。ミュージシャンはメインパートに集中でき、コーラス、SE、パーカッションなどをサポートします。

例3


コーラス、リズムトラック、シーケンス、SEなどからバックアップ・ボーカルなど全てをバックアップする大規模なプロダクション用。各トラックを独立して出力するため、客席とモニター・エンジニアそれぞれが最適なミキシングできます。

スペック

入力:A & B
1/4" phone:TRS balanced +4dB / -10dB
D-Sub:DB25 balanced +4dB / -10dB
入力インピーダンス:140K Ω typical (without Global PAD)、10k Ω typical (with Global PAD)

ダイレクト出力
タイプ:パッシブ・バランス
スイッチングタイム:3ms 最大(20°C時)

XLR出力
周波数特性:20Hz?20kHz +/- 2.5dB
THD:0.01 % from 20Hz to 20kHz
出力インピーダンス:600 Ω
出力:-50dB(マイクレベル) 平衡(2番ホット)
PAD:-20dB (グローバル:全チャンネル共通)

フット・スイッチ
1/4" phone

リレー接点出力
1/4" phone:5-24 VDCリレー回路

寸法:483W×165D×44H mm
重量:3.26 kg
電源::Output 15 VDC @ 400 mA

ブロック・ダイアグラム


オートスイッチャーの定番SW8がMK2にモデルチェンジ
価格
147,963円 (税込 159,800 円) 送料無料
2〜3営業日以内に発送予定
注文数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法