2019-07-12
カテゴリトップ > Sevres 〜セーブル〜
【幻の陶磁器と称される
フランスの国窯セーブル(SEVRES)】
ビスキュイプラーク 彫刻壁飾り
マリーアントワネットの乳製品加工所No.1
直輸入販売

★フランス国立セーブル製陶所工房作品詳細★
ブランド(原産国) 【セーブル・SEVRES】フランス
作品名(パターン) DE LA LAITERIE DE MARIE-ANTOINETTE No.1
(マリーアントワネットの乳製品加工所)
原作制作年度 18世紀
制作年度 2004年 Philippe RICHARD(フィリップ リチャード)
作品サイズ 縦:18cm,幅:59cm,厚さ:2.5cm
特記事項 画像と実際の作品の色合い及び風合いは微妙に異なります。
梱包状態 セーブル工房オリジナルギフトボックス
参考上代(定価) オープンプライス
作品説明
クリエーター:Philippe RICHARD(フィリップ リチャード)
セーブル工房で創作活動をするビスキュイ作家、陶芸家。
マリーアントワネットの酪農小屋をテーマにしたビスキュイ製・薄浮き彫りプラーク
【素材:PN(ヌーベルペースト)1882〜1884年にセーブル工房で改良認可された素材】
作品の側部にはセーブル工房のビスキュイ用ロゴと成型年度が刻印され、作家のサインが彫られている。
------------------------------------------------------------------------
1780年代初め、ルイ16世は手に入れたばかりのランブイエの領地に、ヴェルサイユのプチ・トリアノンの農家集落を参考にした酪農場を作ろうとした。建築家ジャック- ジャン・テヴナンは公園に入口となる二つのパヴィヨンを作り上げた。丸天井の円形の部屋は自然主義的な構成で洞穴のように延びており、1787年ピエール・ジュリアンによって製作された「ヤギの姿をしたニンフ(アマルテ)」を覆っている。使用されるその時までロカイユ様式を断っており、雰囲気はエトルリヤの影響を受けていた。 セーブル工房において、ラグルネ・ル・ジュンヌはパヴィヨンの玄関を飾るための、古代様式をモチーフにした様々なオブジェのデザインを担当しており、また酪農場の装飾スケッチも担当しており、それは中心テーマ(多産のシンボルで、この注文は王太子の誕生と一致している)を成していた。 ゼウスの乳母ナーイアス、またはアマルテは一般的にヤギの姿をして表されており、その角の一つは豊饒の角を作る役割をしていた。彼女は、彼女の子ヤギ達と共に星座の列に加えられている。

描写:麦のうえにまっすぐ横たわる牛を表している長方形の下部リリーフ。左には。古代の服を身にまとった女性がヤギを世話しており、子ヤギがその隣にいる。構成の中央には、女性の後ろに麦の穂の束と花瓶、倒れたグラスがある。

ゼウスの乳母ナーイアス、又はアマルテは、一般的にヤギの姿をして表されており、その角の一つは豊饒の角を作る役割をしていた。彼女は、彼女の子ヤギ達と共に星座の列に加えられている。
セーブル工房の古文書館は、女王の酪農場の作品リストを保存している。これらの作品は金を使わないことによって特徴付けられていた。それらは、カップやお椀、それからミルクを入れる為のバケツやチーズを作るために牛乳から水分を除く為のバケツなど、全てセーブル工房の陶磁器で、いくつかの作品は木をまねた絵が描かれている。ネオ クラシック様式のものは全て1777年から 1780年の間に引き渡された。

S.シュワルツの主張によると、これらの下部リリーフは、ランブイエのためにとは考えられていなかった、ランブイエの彫刻は大理石でできていたからである。おそらくこれらはぺルシエが1801年 年にデザインをし、サン・クロードの酪農場のために作られたのだろう。
書籍:ゼック・イウラ「1798年〜1799年にサント・ペテルスブルグのサン・ミシェル城のためにポレールによって購入されたフランスの家具調度の青銅製品」
出典:セーブル国立工房の古文書館書類と基本データによる。
------------------------------------------------------------------------
「ビスキュイ」
セーブル工房の「ビスキュイ」という呼び方は、1751年以来の模様も釉薬もないセーブル工房の陶磁器彫刻のことを指す。この呼び名は白い大理石の無垢な冷ややかさを喚起させると同時に、マイセンの彩色された彫刻作品と区別する為に積極的に取り入れられた。
------------------------------------------------------------------------
☆Pate dure nouvelle(ou P.N)☆
ヌーベルペースト(新硬質磁器・P.N):基本素材はカオリン、長石、水晶(これらの素材は1882〜1884年にセーブル工房で開発された)で、PNはこれらの素材を1280℃〜1300℃で焼く。ビスキュイはこのPNが素材となる。



【フランス国立セーブル製陶所工房作品】
メーカー希望小売価格 オープン価格
価格
378,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
1〜3日以内に発送予定(店舗休業日を除く)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
 
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く