2019-04-02
カテゴリトップ > 楽器 > 管楽器&弦楽器 > ユーフォニウム > ユーフォニウム 本体
YAMAHA ( ヤマハ ) WEB限定 調整品 YEP-621S ユーフォニアム 新品 銀メッキ 4ピストン 太管 サイドアクション 日本製 管楽器 【 YEP621S セット B】一部送料追加 送料無料(北海道/沖縄/離島/代引き不可)

代引き不可。例外として【北海道/沖縄/離島】は実費の送料の御請求となります。

調整して出荷が可能ですので、何かご希望などございましたらお申し付け下さいませ。 

 

 

吹奏楽はじめるなら、やっぱり国産 ヤマハがおすすめ!定番のユーフォニアムです。

ユーフォは大きくわけて、4種類のユーフォニウムがあります。一番安いのは3ピストンタイプですが、操作性の良さから4ピストンが定番品です。4ピストンにもトップアクション、もしくは3トップアクション+第4サイドアクションの4ピストンタイプと2種類ございます。さらに本格的なサイズのコンペンセイティングシステム搭載のモデルです。こちらはかなり高値になりますが日本人は好んで使用する人が多いのが現状です。

4つともトップアクションのピストンは、同じ位置に横並びの並列式となりますので、右手小指で4番ピストン操作することとなりますが、この小指操作がなかなか難しいのです。こちらは3つがトップアクション、4番ピストンがサイドにあるサイドアクションタイプ。早いパッセの曲もスムーズに演奏できます。お金をつんで操作性をとるか、練習でカバーするか...悩むところですね。

管体はイエローブラス。仕上げは2種類あり、輝かしく明るくはっきりとした響きが特徴のゴールドと、より表現豊かに微妙なニュアンスが表現できるこちらのシルバー。吹奏楽でのユーフォはシルバーが主流です。ゴールドラッカーよりお値段は高くなり、放置すればメッキがくもりますので、お手入れにはより気を遣う必要があります。ヤマハ管楽器はゴールド、シルバーと各仕上げでラインナップがある場合が多いですが、楽器によってシルバーが好まれるなど例外もあり、全ての製品で両方のラインナップがあるというわけではありません。こちらのモデルも銀メッキのみのラインナップです。

<安いものとは、ココが違う!!>
■ピッチの安定感...技術力のあるスタッフによる調整によって個体差も少なく良品がお手元に届くことでしょう。
■全体のバランス...安いものはとりあえず楽器というかたちにするというところまでコストを落として製造していますので、後々の微調整や全体のバランスを取る作業で限界が出てきます。
■長くご使用いただけるよう、各部品の品質も良いです。
■誰が鳴らしても「高い楽器なら良い音が出る。」ということではなく、良い音が鳴らせる可能性が広がります。
■安心の日本製。アフターケアも充実しており、部品がないので、対応できない、などの修理トラブルも少ないです。


▽ヤマハの上位モデルとの違い▽

【カラー】
管楽器には大きく分けてゴールドとシルバーがあります。シルバーの方が基本的に少し値段が高いですが、楽器の善し悪しではありません。吹奏楽では大型楽器は銀メッキが好まれる傾向にあります。しかしながら楽団などではラッカーが好まれたりなど演奏する楽団や音楽背景によって異なってきます。どこかに所属するのであればメンバーに相談するのも大事です。その上で、華やかさか繊細さか自分の個性を出すためにお好みの方を選びましょう。

【ピストン】
3ピストンは構造がシンプルで楽器自体が軽いので、吹き易いです。音も明るめで軽めの音になります。上位モデルからはすべて4ピストンになります。ピストンが増えることで、運指や音程の面で操作がラクになります。また、この4つめのピストンの位置が2パターンあり、これもまた操作性が違ってきます。トップアクション=ピストン4つが同じ位置に横並びの並列式。右手小指で操作。サイドアクション=第4ピストンのみ横の方についています。小指を使用しないので、早い楽曲にも向いています。またピストンが多い分、替指や音域の拡大もできます。音程の修正がきくことも大きなポイントとなります。

【サイズ】
シャンクと楽器の大きさの違いによって音色が変わります。楽器の大きさについては、大きい方がより低音の響きがより豊かになり大型楽器らしい音色と響きになります。3ピストンの比較的小さいサイズについては体の小さな子供、女性にも無理なく吹けることでしょう。高音も出しやすいと思います。買い替えを視野に入れるのであれば最初は一番安い3ピストンから導入されるというのも良いと思います。本格的なものを求めるのであれば、シャンクは太管、楽器サイズも一般的なサイズのものを選ぶのがおすすめです。YEP-201、YEP-321、YEP-321Sについては細管のマウスピース48Sがついていますが、こちらのYEP-621Sは太管のマウスピースです。ベル直径については共に変わらず、スタンダードより少し小さめの280mmサイズになります。

【音程】
ピストンの構造によって、ピストンを複数併用する場合や3番ピストンはどうしてもピッチが上擦り不安定になってしまいます。可能であればこの4ピストン以上の楽器を購入されるのがおすすめです。どの管楽器もある程度はアンブシュア(口の形)で音程をかえて補正をするのは普通なのですが、この補正にも技術を要します。運指は楽器によって何種類かある場合があり、それを代え指といいます。曲での指使いの流れ、吹きやすさで使い分けるのですが、4番ピストンがある場合には、「音程が良い方の代え指を使用する」という選択肢ができます。さらに、上位モデルYEP-642、YEP-642S、YEP-842Sはコンペンセイティングシステム付きです。自動補正バルブ方式、つまり音程を補正してくれる機能。4番ピストン+他のピストンを押さえると、構造上音程が若干高くなってしまいます。それは押さえるピストンと管の長さが異なるからです。それを自然と解消してくれるのがこのシステム。一般的に、このシステムが付くことで抵抗感が少し増え、値段が高くなりますが、正確な音程を得られることは大変重要な要素なのです。


ただ「安い」を求めることが悪いことではありません。品質や保証、アフターケアを考えなければ、安いにこしたことはありません。どのような楽器を求め、どういった演奏をし、どれくらいの音楽を奏でたいかで選ぶ必要があります。安さだけに着目すれば、結局「吹きにくい」「音色がいまいち」と感じ、買い換えも検討するはめになってしまいます...。
国内で吹奏楽部、ブラスバンド部に所属している学生さんの定番はヤマハさんやジュピターの製品です。ヤマハは国産のため、海外視野でもかなり人気が高く、日本の技術力、仕上げの良さは世界的にも認められておりメーカーで調整、検品された商品をお客様へお届けしております。
 

 

YAMAHA Euphonium YEP-621S Silver ヤマハ ユーフォニアム YEP621S シルバーメッキ 新品

■調子:B♭
■ベル材質:イエローブラス
■ボアサイズ:14.5mm(第1〜第3)、16.8mm(第4)
■ベル直径:Φ280mm
■サイズ(高さ):664mm
■ピストンシステム:4ピストン(トップアクション)※第4=サイドアクション
■マウスピース:SL-51(L)太管
■仕上げ:銀メッキ
※細かい仕様が画像と異なる場合がございます。
 

セット内容

■楽器 本体 
■ハードケース
■マウスピース
■スライドグリス...管の抜ける部分につけることでスライドがスムーズになります。
■バルブオイル...ピストンの動きを良くするオイル。必須。
■ポリシングクロス...ノンシリコンの使いやすいクロス
■取り扱い説明書/保証書
■サイレントブラス SB2X 以下参照

 

YAMAHA euphonium SILENT BRASS SB2X ヤマハ サイレントブラスシステム ユーフォ用

付属品:専用接続ケーブル、ステレオイヤホン、取扱説明書
 

〜ピックアップミュート PM2X 部分〜
■Brass Resonance Modeling対応
■ユーフォニアム 用
■ピックアップ端子:ミニフォンジャック
■内蔵マイク:エレクトレット・コンデンサーマイク
■消音程度:-25dB〜-35dB
■サイズ:210 × 395mm
■重量:750g

〜パーソナルスタジオ STX-2 部分〜
■エフェクト:リバーブ (Rev1/Rev2)
■入力端子 :MUTE IN
AUX-IN=ミニステレオジャック
PHONES(ヘッドフォン/イヤフォン)=ミニステレオジャック
■コントロール:音量 ボリューム、電源スイッチ (OFF/ON)、Rev1/Rev2(リバーブ)
■電源:単三電池×2本 (アルカリまたはニッケル水素電池:別売)、マンガン電池で約12時間の連続使用が可能
■外形寸法:70 × 20 × 98mm
■重量:71g(乾電池除く)
 

サイレントブラスはヤマハ株式会社の登録商標されており、このような商品は現状ヤマハだけ。楽器の音を小さくし、より練習ができるように開発された電子機器です。通常金管楽器のミュート(弱音器/消音器)はプラスチック、アルミなどの素材で作られており、楽器のベルにはめ込んで音を小さくしたり、音質を変えることができます。サイレントブラスは、これだけでは終わりません。出た音をお手持ちのイヤフォンやヘッドフォンを通して聴くことができます。さらに、MP3プレーヤー(オーディオプレーヤー)やスマートフォンなど音源を再生する機器をつなげば、音楽の再生をバックに演奏が楽しめます。

音を小さくする目的のミュートの難点を1つ上げるとすると、抵抗感が増し、音質がこもってしまうことです。そもそもベルを塞ぐ状態となるミュートは構造上、抵抗感を感じてしまうことは致し方ありません。こちらの新モデルSB5Xは小型、軽量化されたミュート部分とBrass Resonance Modelingが搭載されており消音性能と吹奏感の改善を求めて発売されたモデルになります。


Brass Resonance Modeling (ブラス レゾナンス モデリング)とは... 「ミュートを付けずに演奏した時の金管楽器の特性をモデル化し、ミュートを付けている時の音色を補正する」ヤマハ独自の技術です。これにより、演奏者はミュートを付けていないかのようなリアルな響きを聴きながら演奏することができるのです。Brass Resonance Modelingでは、同時に3つの処理を行なうことで、金管楽器のリアルな響きを再現しています。

● ミュート独特の「音のクセ」を取り除く...
ピックアップミュート先端部のマイクロフォンで取り込んだ音をデジタル処理することで、ミュート独特のこもった音を緩和します。

● 楽器本来の響きを加える...
ミュート未装着時の「楽器のベルから自分の耳元に返ってくるまでの響き」を加えることで、まるでミュートを付けずに吹いているかような音を再現します。

● 音の左右のバランスを調整する...
演奏者の左右の耳に聞こえる時間差、音量、音色をそれぞれ調整し、さらにリバーブ(残響)を加えることで、部屋やホールで、あたかもベルから音が出ているような音空間を創り出します。



Euphonium シルバーメッキ 本体 SL-51L ラージ マウスピース
価格
294,444円 (税込 318,000 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
在庫あり
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く