2020-02-13
カテゴリトップ > DTM > オーディオインターフェイス > RME
RME HDSPe MADIface
【送料無料】
今日のノートパソコンはハイスペックなデスクトップパソコンに負けない性能を持つようになりました。
Dual Coreプロセッサ、2ギガバイトのメモリ、大容量/高速ハードディスク、デュアルモニター対応の高速グラフィックカードなどが、持ち運びに便利なコンパクトサイズで利用できます。

こうした背景の中、ポータブルなMADIソリューションを求める声が日に日に高まりました。
そして高速のPCI Expressバスと最新のパワフルなFPGAによって、世界で初めてのノートパソコン用ExpressCardベースMADIインターフェイス、「MADIface」が誕生しました。

ExpressCardと小型のブレイクアウトボックスで構成されるMADIfaceは、64チャンネル入力、64チャンネル出力、最大サンプリングレート192kHz、MADIエンベデッドMIDI伝送、リモートコントロール制御対応DSPミキサー「TotalMix」、超低レイテンシー/CPUロード等、PCI Expressカード版のHDSPe MADIとほぼ同等の機能を搭載します。
また、システムをより快適に使用するために電源はExpressCardから供給され外部電源を必要としません。

■全ての設定をリアルタイム変更可能
■8段階のバッファーサイズ/レイテンシー設定:0.7 / 1.5 / 3 / 6 / 12 / 23 / 46 / 93 ms
■96 kHz/24 bit で32チャンネルの同時録音/再生
■192 kHz/24 bitで16チャンネルの同時録音/再生
■オート&インテリジェントなマスター/スレーブクロック制御
■TotalMixを使ったレイテンシーの無いサブミックス、および完全なASIOダイレクトモニタリング
■サンプル単位の正確な配列を保障し、チャンネル間のスワッピングを防止するSyncAlign
■入力信号の同期状態を監視し、結果を表示するSyncCheck
■バーチャルMIDIポート
■DIGICheck DSP:ハードウェア内のレベルメーター、ピーク/RMS表示
■TotalMix:内部処理42ビット(64入力 + 64プレイバック) x 64出力 = 8192チャンネルミキサー
■SteadyClock:ジッター抑制。抜群の安定度を誇るデジタルクロック

<入出力>
MADIオプティカル* 入出力 x1系統
MADIコアキシャル入出力 x1系統

* MADIオプティカルは、標準ではマルチモード仕様です。

<主な特長>
HDSPe MADIfaceをシステムの中核とすることで、ハイスペック、ハイクオリティーなマルチチャンネルシステムをリーズナブルに構築することができます。
HDSPe MADIfaceは64チャンネルのオーディオデータを1本のケーブルで伝送できるだけではなく、最大2000mの長距離伝送に対応し、アナログ・マルチケーブルによる音質劣化、コストを大幅に削減し、低レイテンシーで安定したデジタル伝送を行うことができます。

ExpressCard/34インターフェイス
HDSPe MADIfaceは、既存のPCIテクノロジーをPCI Expressへ対応させたのではなく、新たに開発された正真正銘のExpressソリューションです。
この新しいフォーマットのアドバンテージを最大限に利用し、マルチトラックオーディオにおいて飛躍的なパフォーマンスを実現しています。

PCI Expressは、Point-to-Pointコネクションであるため、バンド帯域を他と共有することなく、2点間のデータ転送を行うことができます。
これを導入することによってRME PCIカード、CardBusカードで高い評価を得た「安定性」をさらに上回る性能を実現することに成功しました。

PCI Express Base Specification v.1.1を基にしたHDSPe MADIfaceは、1レーンPCI Expressエンドポイントデバイスで、2.5Gbpsのラインスピードに対応します。
パケットベースの全二重通信により、各方向につき最大500〜 250 MB/sの伝送レートを提供します。

MADIソリューション
MADIは1本のケーブル(オプティカルもしくはコアキシャル)で64チャンネルのオーディオデータを伝送します。
オプティカルケーブルで最大2000mの伝送に対応し、アナログケーブルと比較してコストを削減できるだけでなく、音質の劣化もありません。

HDSPe MADIfaceはすべてのメーカーのMADI製品と互換性があります。
もちろんRME MADIシリーズとはパーフェクトなコンビネーションでご利用いただけます。

例えばADI-648と組み合わせることでADATオプティカル x8系統のPCインターフェイスを低価格且つハイスペックに構築することができます。
ADI-6432との組み合わせでは、64チャンネルの双方向AES/EBUインターフェイスを簡単に構築することができます。

DSPミキサー
DSPベースでコンピュータのCPUに負荷をかけない、RME独自のTotalMix技術に基づいたパワフルなデジタルリアルタイムミキサー「TotalMix」を装備。

全64入力と64プレイバックチャンネルは物理的な64の出力へ自由にルーティング/ミックスでき、合計で8192通りのルーティングを可能にします。
ルーティングのコピー&ペースト、フェーダーの同時操作やグルーピング、操作性に優れたマトリックス画面など、様々な機能を装備します。
ミキサーは完全 MIDIコントロールも可能。
さらに全オーディオチャンネルに搭載されるRMS、ピークレベルメータはDSPハードウェア処理によってCPUへの負荷をかけません。

HDSPe MADIfaceは、PCIカード史上もっとも強力なルーター/ミキサーを搭載することにより、コンピュータのI/O機器として以上の使用用途を提供します:
 MADIオプティカル・パッチベイ/ルーター
 MADIコアキシャル/オプティカル コンバーター/スプリッター
 MADI リディストリビューター、パッチベイ/ルーター

■42bit精度でDSP処理される内部ミキサー
■外部ミキサー、ケーブル接続なしで、入力/再生全チャンネルをゼロレイテンシーミキシング
■ディレイなしのサブミックス作成(ヘッドフォンミックス)
■ルーティング設定のコピー&ペースト、フェーダーのグルーピング機能、マトリックスウィンドウ
■無制限の入出力ルーティング(自由な活用とパッチベイ機能) :計8192通り
■ゼロCPUロード
■マトリクスウィンドウでのワンクリック・ルーティング
■MIDIコントローラーからのコントロール(スタンドアローンでも対応):Mackie Controlプロトコル

ジッター抑制機能 「SteadyClock」
デジタル信号にはサンプリング・クロックの時間的なゆらぎによるジッターが生じます。
現在その抑制こそがデジタルオーディオ機器の大命題とされています。

SteadyClockはすべてのクロックに対して驚異的なジッター抑制を行います。
SteadyClockはいかなるクロックもリフレッシュして抜群の再生クオリティーを保つだけでなく、理想的なリファレンス・クロックとしてすべてのデジタル出力から送信できます。

ほとんどのMADIベースの機器が追加のワードクロックやAES回線を必要とする中、HDSPe MADIfaceは、SteadyClockでMADI信号から直接リファレンスクロックを最小限のジッターで抽出しますので、長距離接続をより一層便利に行えます。

<SteadyClock(TM)の詳細>
リモートコントロール制御
HDSPe MADIfaceにはバーチャルMIDIポートが搭載され、MADI信号にMIDIデータを乗せて伝送させることができます。
RME MADIデバイスをHDSPe MADIface経由でコンピューターに接続する場合、リモートソフトウェア(Windows/Mac)を利用することによって、MADI経由で最大 2000m離れた複数のRME MADIデバイスの全てのパラメーターを遠隔操作することができます。

<技術仕様>
MADI入力
 BNCコアキシャル、75 Ω, AES10-1991に準拠
 高感度入力部 (<0.2 Vpp)
 オプティカル: FDDI duplex SCコネクタ(62.5/125 と 50/125 に対応)
 56チャンネルと64チャンネルモード、96kフレームに対応
 スタンダード:最大64ch、24bit、48kHz
 S/MUX:32ch、24bit、96kHz
 S/MUX4:16ch、24bit、192kHz
 ロック範囲: 25 kHz - 54 kHz
 入力信号に同期の際のジッター: <1 ns

MADI出力
 BNCコアキシャル、75 Ω, AES10-1991に準拠
 出力レベル:600 mVpp
 出力レベル 1.2 Vpp(オプション)、ジャンパー経由
 ケーブル長(コアキシャル): 最大100m
 ケーブル長(オプティカル): 最大2000m
 オプティカル: FDDI duplex SCコネクタ(62.5/125 と 50/125 に対応)
 56チャンネルと64チャンネルモード、96kフレームに対応
 スタンダード:最大64ch、24bit、48kHz
 S/MUX:32ch、24bit、96kHz
 S/MUX4:16ch、24bit、192kHz

デジタル
 クロック設定:内部クロック、MADI入力
 低ジッター設計:<1 ns PLLモード、全入力
 内部クロック: 800 ps ジッター、ランダム・スペクトラム拡散
 外部クロックのジッター抑制値:約30 dB (2.4 kHz)
 100ns以上のジッターでもPLLによりドロップアウトゼロを保証
 対応サンプルレート: 28 kHz〜200 kHz
 PCI Express Base Specification v1.1
 1レーン PCI Express エンドポイントデバイス (PCI Express - PCI Bridgeではありません)
 回線速度 : 2.5 Gbps
 パケットベースの全二重通信(転送速度最大500MB/s)

一般
 RoHS指令 対応済
 ISO 9001認証
 CE認定
 FCC認定

<動作環境>
Windows
 ExpressCard/34に対応した空きスロット x1
 Windows 2000 SP4以降、XP SP1以降、XP 64 bit Edition、Vista Home / Premium / Ultimate, Windows 7
 デバイスドライバ:ASIO 2.0、GSIF2、WDM(すべてマルチクライアント対応)

Mac
 ExpressCard/34に対応した空きスロット x1
 Mac OS X (IntelMac) 10.4.8以降
 デバイスドライバ:Core Audio、Core MIDI

※ オーディオ・アプリケーションの動作環境に従った十分なCPUとメモリが必要です。

【即納可能】【あす楽】表記の商品以外は基本的にお取り寄せになります。

メーカー在庫依存商品はお取り寄せでも翌日出荷が可能です。
(但:メーカー在庫品・平日メーカー受注時間内)
※商品状態をリアルタイムに反映できない場合がございます。
売り切れの際はご了承ください。



ノートパソコン用 ExpressCard MADIインターフェイス


ノートパソコン用 ExpressCard MADIインターフェイス
メーカー希望小売価格 オープン価格
価格
142,000円 (税込 153,360 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
お取寄せメーカー在庫有時は1〜3日以内発送
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く