2019-05-15

Universal Audio Apollo x6 ◆"Apollo X Holiday" プロモ開催中◆Universal Audio Apollo X ホリデー・プロモーション

2018年11月16日から2018年12月31日までの間に、対象となる Universal Audio Apollo X を新規でご購入になり、ご自身のアカウントへ製品登録を行っていただいた方へ、購入モデルに応じて Helios®、SSL®、Lexicon®、Empirical Labs® といった人気のUADプラグインライセンスが最大で$ 1,246分無償提供!

本プロモーションはご購入いただいた Apollo X のモデルに応じ、即戦力となるハイエンドなUADプラグインを最大で$1,246相当分、無償提供するという内容になっています。

■キャンペーンで無償提供されるプラグイン

・Apollo x6、もしくはApollo x8 をご購入で
SSL 4000 E Channel Strip Collection, Lexicon 224 Digital Reverbプラグインが無償提供($648のバリュー)

・Apollo x8p、もしくはApollo x16 をご購入で
SSL 4000 E Channel Strip Collection, Lexicon 224 Digital Reverb, Empirical Labs EL8 Distressor Compressor, Helios Type 69 Preamp and EQ Collectionが無償提供($1,246のバリュー)

※既にUAアカウントをお持ちで、このプロモーションで提供されるプラグインをお持ちの場合は、代替プラグインリストより別のプラグインを選択できます。

■プロモーション期間
2018年11月16日(金)〜 2018年12月31日(月)
対象商品を正規販売店で新規にご購入になり、期間中にUniversal Audio社のご自身のアカウントに製品登録をしたお客様のアカウント内のライセンスに自動的に対象商品に応じたプラグインが無償で追加されます。なお製品登録に関しては、必ず2019年1月15日(火)までに登録を完了している必要があります。

※時差に関する注意:期間は米国太平洋時間(PST)が適用されます。日本時間では、2018年11月16日(金)の午前2時以降の登録が対象となります。
※その他のUniversal Audio社プロモーションとは併用できません。


新開発のHEXAコアプロセッシングとサラウンドサウンド対応の最上級のオーディオコンバーター。

Apollo x6は、MacとPCに洗練された ラックマウントタイプのThunderbolt3オーディオインターフェイスを提供し、音楽プロデューサーやポストプロダクションスタジオは、新しいA/D&D/Aコンバーター、HEXAコアUADプラグインプロセッシング、そして5.1サラウンドサウンド・モニタリング*を使用してトラッキング、オーバーダブ、ミックスを行うことができます。

16x22インターフェイスは、UAの60年にも渡るオーディオクラフトマンシップの伝統に基づき構築され、Neve、API、Manley、Helios、SSLなどのプリアンプの本格的なエミュレーションを提供する2つのUnison™対応マイクプリアンプによって使用可能です。 ― 新しいHEXAコアプロセッシングにより、リアルタイムにUADプロセッシングを行う時のDSPパワーが50%も増強されました。
**Mac Pro (Late 2013 “black cylinder” model) compatibility for Apollo X coming Q4 2018.

■最高級のA/D&D/Aコンバーター

Apolloインターフェイスが、何千ものヒットソングや数百ものグラミー賞を受賞したアルバムで、優れたサウンドをトラッキングするために使用されたことは不思議ではありません。前世代のApolloインターフェイスのクラス最高のオーディオ変換をさらに改善するために、UAのエンジニアは最新のA/D&D/Aコンバーターを徹底的に試聴し、最終的にエリートクラスの24ビット/192kHzコンバーターと超ピュアなシグナルパス用の新開発アナログサーキットを組み合わせました。

129 dBのダイナミックレンジと-119 dBのTHD+Nにより、Apollo x6のオープンでナチュラルなサウンドは、価格に関係なく、市場に出ている専用のハイエンドコンバーターに匹敵し、UADプロセッシングを行うための理想的な出発点となります。

■リアルタイムUAD HEXAコアプロセッシング

Apollo x6は、6基のDSPチップと前モデルのApolloよりも50%多くUADプラグインプロセッシングパワーを備えたHEXAコアプロセッシング機能を備えています。これにより、Neve、Manley、APIなどのチャンネルストリップでリアルタイムでトラッキング、またはDAWでミキシングを行う場合に高い負荷のUADプラグインを使用していてもより多くのUADプラグインを使用することができます。

ギターにPultec EQを使用しチューブの温かみ、ボーカルにLA-2Aを使用し音楽的なリミッティングを行い、本物の1176やFairchild 670 tube compressor をドラムに使用してサウンドをパンプさせることでUADプラグインが提供するリッチで奥行きのあるアナログサウンドが得られ、レコーディングが飛躍的に進歩します。

■Unison™ テクノロジー:Neve、API、Manleyプリアンプの本物のサウンド

多くのマイクを必要としないエレクトロニックミュージシャンやポストプロダクションのプロフェッショナルに最適なApollo x6は、2基のUnison対応マイクプリアンプを装備し、Neve、API、Manley、SSL、Universal Audioのマイクプリアンプ・エミュレーションを使用して正確にトラッキング可能です。**Universal AudioのUnisonテクノロジーは、これらのチューブ、ソリッドステートマイクプリが持つ、インプットインピーダンス、ゲインステージの“スウィートスポット”、オリジナルハードウェアのコンポーネントレベルでの動作を含めた音色を正確にキャプチャーしています。

Unisonが持つ秘密は、Apolloのマイクプリアンプと内蔵HEXAコアDSPアクセラレーションのハードウェアとソフトウェアの統合です。ApolloのConsoleソフトウェアのマイクインプットにUnisonプリアンプ・プラグインをインサートするだけでApolloインターフェイスのインピーダンスを物理的に再設定することができ、世界でもっとも愛用されたマイクプリアンプによるクラシックサウンドが利用可能になります。

■内蔵クラシック・アナログプロセッシングのフルスィート

Apolloの代名詞ともいえる機能は、リアルタイムUADプロセッシングです。これにより、ニアゼロレイテンシーでUADプラグインのすべてのライブラリーを使用することはできます。Apollo x6にはRealtime Analog Classics Plusバンドルが付属しています。これには、Teletronix LA-2A、1176LN、Fairchildコンプレッサー、Unison対応のUA 610-B Tube Preamp & EQ、そして象徴的なギター&ベースアンプのMarshallやAmpegが含まれています。

■UADパワードプラグインの世界にアクセス

付属しているRealtime Analog Classics Plusプラグインの先にある、伝説的なビンテージEQ、コンプレッサー、リバーブ、テープマシン、チャンネルストリップなどのUADパワードプラグインライブラリーを、お使いのオーディオソフトウェアのバッファーサイズに関わらず、そしてコンピューターに負荷をかけることなく使用することができます。

1Uのラックスペース内にNeve、Studer、Manley、API、Ampex、SSL、Lexicon、Fenderなど象徴的なアナログ機材を備えたスタジオを持つようなものです。また、競合するインターフェイスとは異なり、数々の賞を受賞したこれらのDSPプラグインを使用してDAWでミキシングも可能です。

*Apollo x6には、“Realtime Analog Classics Plus”UADプラグインが付属しています。

■サラウンドサウンド・モニタリングなど

Apollo x6は、5.1サウンドモニタリングに対応し、ビデオゲーム、テレビ、ウェブ用のオーディオや音楽を制作してるエンジニアやプロデューサーにとって大きな利点となります。さらに、プロフェッショナルなミキシングコンソールやその他のハイエンドプロオーディオ機材との互換性を持つためにスイッチ式+24 dBuとの接続も提供しています。

*Apollo Xのサラウンドサウンド・サポートは2018年の第4期を予定しています。

■Thunderbolt上で拡張可能なスタジオシステムを構築

Apollo x6は、16x22の同時入出力(6 x 6アナログI/O)と2基のThunderbolt 3ポートを備えています。これにより、Thunderbolt搭載のApollo Twin、またはApolloラックマウント・オーディオインターフェイスのユーザーは、最大で4台までのApolloと6台までのUAD-2デバイスを組み合わせて使用することができ、スタジオの規模が拡張するにつれて、高速で広帯域幅のI/OやDSPを追加することができます。

■Apollo: プロフェッショナルの新しい選択肢

Apolloは、Kendrick Lamar(To Pimp A Butterfly)、Coldplay(A Head Full of Dreams)、Dr. Dre(Compton)、Brad Paisley(Wheelhouse)など多くのレコードを制作するために使用され、ヒットメイカー達の確かな選択肢となっています。Apolloシリーズのインターフェイスは、Sound on Sound、Future Music、Electronic Musician誌などから数々の賞を受賞しています。またコンピューターオーディオ・ハードウエアの2016 TEC Awardも受賞しています。



2 x Unisonマイクプリアンプ搭載の16イン/22アウトオーディオインターフェイス
価格
243,000円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
メーカーお取り寄せ(2〜5日予定)
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く